熱中症にご注意を!
【投稿者:フジムラ薬局社長
夏場など、高温多湿の環境が続くと
体内の水分・塩分のバランスが崩れて脱水症状になったり
体温調節機能が働かなくなることで
めまい・立ちくらみ・吐き気などの症状が現れることがあります。

これを熱中症といい、重症の場合には
痙攣・呼吸困難や意識がなくなる場合もあります


室内においても徐々に温度が上がるため
気付かないうちに、症状が現れたりしますので
こまめに水分補給を心がけるなど注意が必要です。

また熱中症はその日の体調が影響しやすいため
寝不足や、朝食抜きなどの不摂生は避けましょう


体調不良を感じたら…

風通しのよい日陰で安静にし
失われた水分・塩分の補給を心がけましょう

また熱を冷ますために、あごや腋の下などを
冷たいタオルで冷やして安静にすることが大切です。


JUGEMテーマ:夏の暑さ対策
【投稿者:フジムラ薬局社長】ふらすこ健康ナビ参照
 
健康コラム 11:30 comments(0)
臭う汗と、臭わない汗?
【投稿者:フジムラ薬局社長

私たちが汗を分泌する“汗腺(かんせん)”には
アポクリン汗腺と、エクリン汗腺があります。

前者は、わきの下などにあり
細菌の分解により、臭いを発生します。

わきがの原因はこのアポクリン汗腺です。

一方、後者は全身にあり
大半の汗はここから分泌されますが
本来臭いを発生しません。

しかし、皮ふの常在菌により
まれに臭いを発生することがあります。


臭いの原因は
皮脂腺や、汗腺から分泌される脂質。

これが雑菌と混ざって臭いを発生します。

肉食中心の食生活を続けると
脂質分泌が高くなるので
野菜類などバランスの取れた食事を
心がけましょう

JUGEMテーマ:におい対策
投稿者:フジムラ薬局社長 ふらすこ健康ナビ参照
 
健康コラム 14:09 comments(0)
突然の頭痛、その対処法
【投稿者:フジムラ薬局社長
頭が締め付けられるような
痛みが続くこと…ありませんか

これらの緊張性頭痛
中高年の女性にみられ、数分で治まったり
数日間かかる場合があります


緊張性頭痛はとくに
後頭部にどんよりとした頭重を感じ

精神的なストレスが原因であったり
長時間、同じ姿勢を続けて筋肉の血のめぐりが悪くなり
乳酸などの疲労物質がたまって、痛みを引き起こします

肩こりや、めまいを伴うこともありますので
筋肉のコリをほぐすストレッチを心がけましょう


また、特定の部位(側頭から前頭にかけて)が
発作的に痛くなる頭痛を片頭痛といい
刺すような痛みが続いたり、数時間で治まることが多いです。

原因は主に、頭皮の血管(動脈)の拡張で
月に数回の頻度で繰り返します。

こめかみを冷やしたり
安静にする
ことで対処につながります

JUGEMテーマ:頭痛
【投稿者:フジムラ薬局社長】ふらすこ健康ナビ参照
健康コラム 14:37 comments(0)
放っておくと怖〜い…血液のドロドロ
【投稿者:フジムラ薬局社長
血液には、私たちの体に
 水分や栄養素・老廃物などを運ぶ役目をしている血漿
 酸素を運ぶ赤血球

さらに

 体内に侵入してくる病原体をやっつける白血球
 出血を止める血小板
 病原体の侵入を防ぐリンパ球

などがあり
スムーズに流れることで、健康な体を維持しています。


それが、もしドロドロになってしまったら
体内の臓器などで酸素不足や、栄養不足となってしまいます


では、どうしてそうなるのでしょう…

  血漿にコレステロールや、中性脂肪が多くなる
   
  血液の粘度が上がる
   
  さらに、血管壁に付着
   
  血管が細くなる

そのため、血液がスムーズに通りにくくなるのです。



また、赤血球、白血球、血小板、リンパ球などが
変形してトラブルが発生
ドロドロ血液の大きな 危険要素になるのです



そうならない為に…


 ◆食事は腹八分に。
  肉を減らし、魚を多めにするなど
  栄養バランスに注意しましょう。

 ◆食物繊維の多い海藻類、大豆類などを摂り
  中性脂肪、コレステロールを減らしましょう。

 ◆こまめに水分の補給を心がけましょう。

 ◆ウォーキングなどの運動を心がけましょう。

JUGEMテーマ:健康
投稿者:フジムラ薬局社長 ふらすこ健康ナビ参照

健康コラム 12:11 comments(0)
意外と知らない?ダイエットの常識
【投稿者:フジムラ薬局社長
気温が暖かくなり、だんだん薄着に…

ふと鏡を見て、自分のシルエットが気になりだした方も
いらっしゃるのではないでしょうか。


『 ダイエットを試みる方が、増える時期 』

でも毎年、ダイエットしても
なかなか痩せられず、かえってリバウンドしてしまった
という声をよく聞きます。


それは、食事の量や、回数を
無理に減らすことで、体が飢餓を感じ
エネルギーを消費する活動を抑え

命を守ろう!と働き
エネルギーを溜め込んでしまう為といわれています。


また、同じ摂取量でも
成分によってカロリーは異なります。

同じ1gでも
  脂肪:9カロリー
  糖質:4カロリー   と、倍ほど違います


特に女性は食事の摂取量の中でも
脂肪の割合が高い
といわれていますので、注意が必要です


そして、余分なエネルギーを蓄えないためにも
運動でカロリーを消費すること が、大切です。



反対に、体には
 ◆食欲にストップをかける働き
 ◆脂肪を燃焼する仕組み    も、あるんです


摂取した脂肪の量が多いと
「レプチン」というホルモンが、脂肪細胞から分泌され
脳に食欲を抑える支持を出し

また脂肪細胞から
熱放散を促進し脂肪を燃焼させるといわれています。

ただし…

自律神経が乱れると、この働きが不活発になり
脂肪が蓄積してしまうのです



好きなものを、好きなだけ…食べていませんか?

ダイエット食品に頼ったり
「○○抜き」など、偏った食事をしていませんか?


摂りすぎ」はもちろんのこと
極端に「摂らない」ことも、体にはよくありませんので

バランスのとれた食生活を意識して
散歩や、ジョギングなど適度な運動を心がけましょう

JUGEMテーマ:ダイエット
投稿者:フジムラ薬局社長 ふらすこ健康ナビ参照
健康コラム 14:05 comments(0)
もっと身近に、漢方を
【投稿者:フジムラ薬局社長
漢方って、よく耳にするけど
「ちょっと難しい…」と感じていませんか

実は、意外に
身近な食品が応用されている場合が多いのです。


たとえば ショウガ

体を温めるので、ショウガ湯で飲んだり
料理にも用いられます。

またチンピは、みかんの皮を乾燥させたもので
体を温め、婦人薬、かぜ薬にも含まれます。

滋養強壮作用のある山芋もサンヤクとよばれています。


漢方は、人間がもっている自然治癒力

自分で自分の病気を
「治そう」とする力を引き出して、病気を治す
という考えを基本にしています。

病名にこだわらず
その人の体質や、健康状態をみて対処法を見つけます


JUGEMテーマ:鍼灸・漢方・東洋医学
投稿者:フジムラ薬局社長 ふらすこ健康ナビより
健康コラム 09:49 comments(0)
「オフ」と「ゼロ」・・・後編
【投稿者:フジムラ薬局社長
前回、いま売れている
「オフ」
「ゼロ」商品について
お話ししましたが

今回は、そのマジックの種明かしをいたしましょう。



例えば「ゼロカロリー」の「0」

これは
100ml(最近はccは使わないそうです)あたりのカロリーが
5kcalを切っていれば
「ノンカロリー」とか「カロリーゼロ」と表示でき


また「カロリーオフ」
100mlあたり20kcal以下の商品に表記できる

と、厚生労働省の定めた健康増進法の基準にあります。


つまり
「カロリーゼロ」でも、カロリーがないとは限らない
ということになります。


同様に
「糖質ゼロ」100mlあたり糖質0.5g未満の商品に
「糖質オフ」100mlあたり2.5g未満
と言った具合に、表示されているのです。


アルコール飲料には、糖質以外にも
たんぱく質や、アルコールが含まれているので
「糖質ゼロ」だからといって
カロリーがゼロ、と言うことにならないのですね



ついでに言うならば

アルコールは、そもそも
1gあたり約7kcalのカロリーを持っていますが
これはエンプティカロリーと云われており

多くの資料には
とくに蒸留酒(焼酎や、ウィスキー等)は、体内で熱変換されて
脂肪としては蓄えられにくいとされています。

これも本当なのでしょうか


皆さんは
これらの情報に操られて(騙されて)はいませんか


いずれにしても
この世に「ダイエット」「メタボ」と云う言葉がある限り

この「オフ」「ゼロ」の表現に
ずっと、これからも踊らされていくことでしょう(特に私は)。



追記:

ちなみに、体重(体脂肪)を
1kg減らすのに必要なカロリー
ってご存知ですか

約7000kcalですって・・・


通常、成人の1日の摂取カロリーを
2000〜2500kcalとして・・・

           う〜ん

頭の中が「オフ」になり
思考能力が「ゼロ」になりました。

考えるの、やめました 

JUGEMテーマ:メタボ
投稿者:フジムラ薬局社長
健康コラム 08:43 comments(0)
「オフ」と「ゼロ」・・・前編
【投稿者:フジムラ薬局社長
最近、売れている商品の中で
よく「オフ」「ゼロ」という文字を目にしますね。

数年前から、「オフ」と表示した商品が出始め

今年の猛暑でよく売れた飲料には
カロリー、糖質、脂質(コレステロール)、アルコール・・・と
続々「ゼロ」系の商品が登場してきています。


ここ数年、私もメタボが気になり出し

「カロリーオフ」「糖質ゼロ」のビール
(もちろん、第3のビールですが・・・
を、意図的に選択して飲んでいますが


この「オフ」「ゼロ」のブームが起きた原因は
随分前からの「ダイエットブーム」を
2008年に始まった
メタボ検診』が後押しした為ではないでしょうか。


ところで
この「ゼロ」「オフ」にはマジック
があるのをご存知ですか


次回は
そのマジックについて、お伝えしたいと思います。



JUGEMテーマ:メタボ

健康コラム 09:47 comments(0)
1/1
富山県の南、大沢野にある
フジムラ薬局より
日々の徒然を綴っています。
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Visitor
累計:累計アクセス数

今日:今日のアクセス数  昨日:昨日のアクセス数
NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
フジムラ薬局のホームページへ

Mobile
qrcode
Other